ヒーリングとは?

私たちは頭が痛かったり、お腹が痛かったり身体の痛いところに自然に手を当てます。

ココロが痛い(苦しい)時には、無意識に胸に手を当てたり…

それは、深い意識の中で、「手を当てると癒される」ことを知っているからです…

当店で行うヒーリングは、この「手当て」の施術です。
痛いところにそっと手を当てながら身体の中で滞っている氣を抜き、空間のエネルギーを取り入れてよい氣を循環させ、疲れたココロと身体を緩めていきます。
痛いところに手を当てる「手当て」は、リラクゼーションの原点であり、ヒーリングであり、「笑顔」とともにDNAに刻まれた誰もができる癒しの“手技”です。

  • 昨年から続く地球規模での環境の変化…
  • コミュニケーションがとりにくい今…
  • 薬に頼りすぎてしまっている現代…
  • 病名のつかない身体の不調…
  • どこからともなくやってくる得体の知れない不安や、焦り、イライラ…

そんな状況にヒーリング(手当て)が少しでもお役に立てれば…
そんな思いでヒーリングサロンをオープン中です♪

気を整えるということ

気力という言葉があります。~「気」とは生命エネルギーです~

イルカと泳ぐと、人は癒され能力を活性化する発表されています

気が整うと、その先のココロのもっと奥にあるエナジーやスピリットが目覚め、本来の力や輝きを取り戻すことができます。本来の自分が目覚めてくると、無理をして気合いや気力で頑張らなくても、内側から自然に力が湧いてきて、やりたい事が明確になり、できるようになってきます。ヒーリングの目的は、自然体の「素の自分に還る」ことです。

「氣」を元に戻すと「元気」になります☆.。.:*・゚
ここでいう「元気」とは、子供のように活発に動きまわる…というよりも平安無事なニュートラルな状態です。

気とは何でしょう?

私達の身体には生命エネルギー(氣)が流れていることをご存知でしょうか?!

精神疲労(気疲れ)の改善には、滞りの原因となる疲れた『気』を流し、巡りよく、新たな『氣』を循環させていきましょう♪

私達は、毎日たくさんの氣に触れて生活しています。

「やる気」「活気」「気合」「気力」「気配」「運気」「人気」「天気」「気候」「気圧」…

「気配り」した日は、ぐったりと疲れてしまいますね…


「氣」とは、例えば「空気」のように見えないからその存在もない…ということではなく、また特別のものでもありませんが、その言葉をみていくと、私達は何らかの影響を受けています。

【漢方医学では】

体のバランスを保っている要素が3つあると考えらえています。それが、「気」「血」「水」です。
身体には、血液と水分の他に、目には見えませんが生命エネルギーとして、“気”が流れていると考えられています。そして、身体の不調は、「気」「血」「水」の3つの要素のバランスが崩れた時に起きると考えられています。


また最近、西洋医学と東洋医学の良いとこどりをして治療法を探す統合医療として注目されているホリスティック医学では、「ボディ」「マインド」「スピリット」のつながりから健康を考えていくそうです。

「マインド」も「スピリット」も目には見えないものです。西洋医学の対処療法の補助役としてヒーリングでできることもあるのではないかと…考えます。

私たちが日常で使っている言葉では…】

「氣」が付く言葉は意外にもたくさんあり、その多くは、「目に見えないもの」の表現に使われています。

「げんき」は「元氣」(氣の根本=元)と書き、「びょうき」は「病気」(気が病む)と書きます。

ココロの状態を表現する言葉
氣迫、氣力、根氣、陽氣、氣位、気軽…

場所の状態を表現する言葉
気配、雰囲気、和氣、活氣、人氣…

自然の現象を表現する言葉
空気、気流、気圧、湿気、気温、気候、天気、暖気、寒気、蒸気、気体、大気…

ちなみに…ですが、

「氣」と「気」の使い方は、
米(氣)と書くきは、四方八方にエネルギーを広げたい時
「人氣が出ますように…」「勇氣が湧きますように…」


〆(気)と書くときは、その作用があまり広がってほしくない時
「病気が治りますように」「邪気からお守りください」


使い分けると日本語には言霊パワーがあるのでその作用が働くとか…働かないとか…??
日本語は深い!ですね…

ヒーリングは、そんな“氣”を使って心身を整えていきますので、氣功ヒーリングと呼ぶこともあります。“功”には「効き目」という意味があり、“氣”の“効”き目のヒーリングという意味で、ドラゴンボールのように「エイッ!」と人を吹っ飛ばすものではありませんので、どうぞご安心くださいませ…笑

ヒーリングはこんな時に有効です

日常生活や仕事だけでなく、目まぐるしく変化していく社会状況や環境の中でストレスを感じてしまう毎日…

病名はつかないけれど…

  • いつもなんとなく疲れている
  • ちょっとしたことでイライラしてしまう
  • いつも考えすぎてしまう、考え事で頭がいっぱい
  • 「なぜわたしばかり…」と思うことがよくある
  • 身体がだるい、重い、やる氣がでない
  • 眠れない
  • 今まで身体のためにいろいろ試してみたけど改善されない
  • マッサージを受けてもすぐにもとの状態に戻ってしまう
  • 心がすり減ってこれ以上頑張れない


ひとつでも当てはまるものがあれば、ヒーリングはお役に立てるかもしれません♪

緩むことが大切な理由

身体とココロは一蓮托生…繋がっています。身体の不調が、心の緊張に繋がっていたとしたら、身体のケアだけでは根本の改善にはなりません。心と身体の両方を一緒に癒すための方法を探し、たどり着いたのは、氣を整えて「ゆるむ」ことでした。

我慢したり、頑張りすぎて我を張り続けていると、ピンっと張った状態ではいつかポキッと折れてしまいます。柔軟な対応が求められる今、氣(持ち)をゆるめて、しなやかさは、一瞬心が折れたとしてもまた元に戻って、リスタートができる力となります。

ブログ:ヒーリングの斯々然々