自然治癒力を引き出すヒーリング

「私の脚は、もう何をやってよくならないのよ」

そんなことをおっしゃっていたお客様が、2回目の施術が終わった時に、
「杖無しで歩いてみようかしら」と、サロンの短い廊下を歩かれ、
「あら、歩けるわ」…と笑顔を見せてくださいました。

そのあと、また痛みが出てしまったそうですが、3回の施術の時、ドアを開けたら、
「今日はシルバーカーにしてみました」と言って、
玄関から杖無しで入っていらっしゃいました。

意識の変化を一緒に経験させて頂けて、私もほんとに嬉しく思います。

ヒーリングとは、痛いところや不調等を改善するものではなく、
気の流れを元に戻して、「元気」となり、本来の自分に戻るものです。

その方法は、痛いところにフォーカスするのではなく、
「元気」「活気」「やる気」に満ちたその先のその方の未来に
最初からフォーカスして施術します。

それは微妙な違いのようで、大きな違いです。

ヒーリングで治療はできませんが、内なる力を引き出し、自然治癒力を高め、
意識を変えることはできます。

お客様は、「おうちでも、少しずつストレッチもしてみるわ」と
おしゃってくださいました。

施術だけでは、その時は、楽になりますが、その状態を持続するためには
ご本人の意識が重要となります。

量子力学では、意識とは、「意志+気」で成り立ち、“こうする”、”こうなる”という意志(行動)と、
こうしている”、”こうなっている”というイメージで、現実化していくと言われています。

ヒーリングも同じで、「意識」の中の「氣」にアプローチして、変化を起こします。

補足ですが、私の中の、大人の「元気」とは、キャピキャピはしゃいだりしている状態ということではなく、
疲労感やイライラ感、不安感のような少し落ちたところから、疲労感がリセットされて、
ニュートラル=ナチュラルな自分に戻っている状態のことを指す言葉として使っています…

「氣」とは、極めれば奥が深いですが、特別なこと…でもなく、全ての人が日常的に触れています。

それは、無意識よりも意識的に氣を感じることができたほうが、軽やかに日常を過ごせます…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。