幸せホルモン「セロトニン」とヒーリング

セロトニンとは?

セロトニンとは『ノルアドレナリン』や『ドーパミン』と並ぶ脳内の三大神経伝達物質で、ノルアドレナリンやドーパミンの分泌量のバランスをとる働きをし、体内で重要な役割を果たし、幸せホルモンとも呼ばれる「セロトニン」は、睡眠や食欲、感情のコントロールや、心の安定に影響しているそうです。セロトニンの減少が不安症やうつ病に深い関わりがあるという研究結果が出ています。

『 三大神経伝達物質 』を調べました。

  • セロトニン…別名「幸せホルモン」心のバランスを整えてくれる物質。リラックスしている時、分泌される
  • ノルアドレナリン…別名「ストレスホルモン」ストレスを感じると分泌されて、心身を平常に戻す働きをする
  • ドーパミン…別名「快楽ホルモン」幸せなこと、嬉しいこと、楽しいことを感じた時に分泌され、行動の原動力

心療内科の先生から学んだセロトニンを活性化する方法

①起きてすぐ朝の太陽を15分から30分くらい浴びる

朝の優しい太陽光が良いそうです。太陽光を浴びると、交感神経系が刺激されて、セロトニンの分泌が活性化されるだけでなく、体内時計も整うそうです。日光浴をすることによって、体内でビタミンDがつくられ、腸内環境を整えることに繋がっていきます。

②20~30分程度リズム運動をする(腹式呼吸、ガムを噛む、咀嚼、ウォーキング)

③腸内環境を整える(セロトニンの90%は腸内でつくられ、血中に8%、脳内では2%なんだそうです)

④人との触れ合い(現代では、パソコンなどが普及し、人とのコミュニケーションが減り、セロトニンが出にくくなって、うつ病の患者さんが増えたという見解のお医者様もいらっしゃいます)

⑤感情を動かす(感動して涙を流すと、セロトニンが活性化されるそうです。)

⑥睡眠をしっかりとる

食事からセロトニンを増やす方法

セロトニンが身体の中で、どうやって作られるかというと、必須アミノ酸(体内生成できないため食事からとる必要がある栄養素)のトリプトファンを原料にしているそうです。トリプトファンはナッツ、マグロやカツオ、納豆、豆腐、味噌、チーズ、卵、ヨーグルト、チーズ、牛乳などから摂取できるようです。中でもトリプトファンが多く含まれ、セロトニンができるには、ビタミンB6の働きも必要となり、その両方の栄養素を摂取できるのが「バナナ🍌」と言われています。

睡眠にもかかわるセロトニン

夜になるとセロトニンの分泌が抑制され、セロトニンから睡眠ホルモンとも呼ばれる「 メラトニン 」が生成されるそうです。

メラトニンは、パソコンやスマートフォンの画面のブルーライトの光によって減少してしまうため、夜眠る前ににパソコンやスマートフォンを見てしまうと寝つきが悪くなってしまうそうです。


スキンシップすることで「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンがすぐに脳から分泌されるそうです。スキンシップとは、肌と肌が触れること。マッサージやリラクゼーションもスキンシップに含まれます。オキシトシンの分泌が増えると、脳内のセロトニンも増えます。その理由は、セロトニン神経がオキシトシンの受容体を持っているためで、オキシトシンはセロトニン活性も誘発するとか…

脳内でのセロトニンが分泌される脳内環境とは、アルファ波優位のリラックスしている時…

ストレスを感じるとセロトニンが不足するそうなので、リラックスする時間を作ることは大切なことですね。

ヒーリングでリラックスタイムをお過ごしいただき、脳内のホルモンバランスを整えていきましょう♪

※当サロンの施術はリラクゼーションを目的とし、医療行為ではありません。疾患のある方は医療機関の受診をお勧め致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。