3つのリセット方法

生きていると…生活していると、いろいろな感情が出てきます。

「笑顔を作りましょう♪」とか「どんなことにも感謝しましょう♪」とかカウンセラーさんとかコーチングされている方のSNSなどを通りがかると目にすることもありますが、笑顔なんて作れない時もあるし、感謝できない時もあります…

むしろ、「ポジティブでいなきゃ」とか、「すべてに感謝できない私が悪い」とか、そんなことを思い始めると、もっと心は苦しくなります…

出てくる感情に蓋をしたところで、本当の心の癒しにはつながりません…

むしろ蓋をしたままどんどん本心を無視続けていると、顕在意識と潜在意識が分離して、
本当の自分が見失われ、自分の感情がわからなくなってしまいます。

「怒り」のその先にあるのは、「悲しみ」だったりします。
寂しかったり、わかってもらえなかったり、認めてもらえなかったり…

クレームのお客様も同じです…

感情は、ひとつのエネルギーなので、発散すればなくなります。

発散しないでずっとお腹に溜めておくと、同じような体験をするたびに、スイッチが入って、
同じことを繰り返し、容量MAXになったところで、大爆発!!!…となります…ね。

無理にポジティブになる必要はないけれど、「その感情に浸らない」ということを知ってから、私自身は随分楽になりました。

「私はなぜ今怒っているのか?」「私はなぜ今悲しいのか?」
その時その時に出てくる感情と対話をして、その根本原因を自分でたどります。
そうすると、もうすっかり忘れていた子供の頃に満たされなかった想いやらなにやらがたくさん出てきて、「そうかそうか」と認めてあげたり、意識したりすると、その感情は昇華されていきます。



「この感情は、今すぐ手放すします!」「キャンセル!キャンセル!」「許します」

出てきた感情によって、そんな言葉をつぶやきながら、少しずつ&何度も繰り返していくとココロも少しずつ成長して、過去のイタミも小さくなり、気になっていたことが気にならなくなっていきます。
ヒーリングも感情を整えることに有効ですので、感情のデトックス、手伝いさせていただきます♪

セラピストが提案する感情をリセットする3つの方法

その①空を見上げる

今からすぐにできます♪

外に出て、太陽の光を浴びると、脳内でセロトニンが分泌されるそうです。セロトニンは、別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、心のバランスを整え精神を安定させてくれるそうです。また、脳のメカニズム的にみると、上を見上げると脳が開き明るい未来の自分に、下を向くと脳が閉じ暗い過去の自分にアクセスするそうです。せっかくなら、上を向いて、明るい未来にアクセスしましょう♡

今のお天気が雨ではないことを祈ります…

その②瞑想する

瞑想は、今やGoogleやApple、Yahoo!などのIT系大手企業などでも取り入れてる時代…フルネス瞑想と言われることもあり、マンドフルネスの語源は、「常に落ちついた心の行動や状態」を意味する仏教用語の「サンマ・サティ」からきているそうです。そして、その語源の通り、マインドフルネスとは、今の自分に集中して、無駄な思考を手放し、落ち着きのある心に戻ること…を意味します。瞑想は、「呼吸」と「姿勢」が大切です。

その③運動する

マイナスな感情に浸らないことがポイントです。「何で?どうして?」と考えると、脳は永遠に答えを探し続け、“何で?どうして?ループ”にはまってしまうそうです。「現状を変えるにはどうしたらよいか」と考えると、脳は優秀なのでその答えを引き寄せてくる…とか。不安な感情が出てきたら、まず何か動いてみると目の前のことをやっている間はその行動に集中して、マイナスな感情を忘れることができます。そして、動いているうちに、意識が別のところに向いていくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。