静岡県富士山本宮浅間大社

“氣”を整える場所として、全国にあるパワースポットと呼ばれる神社仏閣に参拝に行くこともおすすめです。

美の神様

静岡県にある富士山本宮浅間大社は、富士山をご神体とする木花咲耶姫(コノハナサクヤヒメ)様をお祀りしています。

コノハナサクヤヒメ様は、美しいだけでなく、強さもある女神様です。
古事記の中で、コノハナサクヤヒメ様のあまりの美しさに、瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)様が一目惚れをし、ご結婚しました。
そして、一夜を共にしてすぐご懐妊されたその早さに驚き、「本当にワレの子か?」…と、コノハナサクヤヒメ様の浮気を疑うニニギ様。

すると、「もし、この子がニニギ様の子であるなら、どんな状況でも無事産まれてくることでしょう…と、自ら母屋に火をつけ、火の中で無事出産する…

という逸話があります。

富士山本宮浅間大社に参拝に行ったとき、ふと目にとまった絵馬には…
「どうか、強い女性になれますように。でも、強いだけじゃポキッと折れてしまうので、しなやかさも身に付きますように…」  と書いてありました。まさにコノハナサクヤヒメ様のご神徳にあったお願い事でした。

強さとはなんでしょう…

使命感をもって、確固たる自分の想いが明確になった時、その意志を貫く覚悟が必要な時があります。肝心なところで引かない強さ…

何か行動を起こそうとしたとき、もしもまわりの人に反対されたとしたら、それは、本気度を試されている…のかもしれません。

「貫」
自分を貫くことは容易ではない。
独りよがりではなく
他人の評価ばかりでもなく自分を知ることがまず先
自分を貫くとは自由と挑戦と少しの苦痛でできている

ちなみに…私は、同じ富士山の神様をお祀りする山梨県富士吉田市の北口本宮冨士浅間大社もお参りし、2社を一緒に参拝しています♪

ヒーリングで心と身体を整えませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。