チャクラの話

日常、ヨガや瞑想をされている方はご存知かと思いますが
私たちの身体には、チャクラと呼ばれる
複数のエネルギーセンターがあり、主要なポイントは7か所。
そのポイントから、生命エネルギーが流れ、
心と身体に影響を与えていると言われています。

チャクラとは、サンスクリット語で、車輪、輪という意味で、
人の氣やエネルギーはチャクラからグルグルと
時計回りに回転して出入りしているそうです。

チャクラの場所は、「ツボ」にあたる場所と同じで
チャクラが閉じているとエネルギー不足になり、
やる氣が起きなかったり、身体に不調を感じたりしますが、
反対に開き過ぎは、エネルギー過多となり、
別の不具合が起きてしまいます。
チャクラのバランスを整えることが健康で元氣に生きる秘訣となります。

チャクラ場所意味
第1チャクラ尾骨生命力・地に足をつける
第2チャクラオレンジ仙骨感情の安定・本当の自分
第3チャクラみぞおち個性・知性・自信・存在感
第4チャクラ愛・情緒・思いやり
第5チャクラのど自己表現・コミュニケーション
第6チャクラ眉間直観・ひらめき
第7チャクラ頭頂(百会)霊性・成長・人生の目的
チャクラの色は7色です。

チャクラの状態は、人の感情、身体に影響を与えています。

チャクラチャクラが閉じている時チャクラが開き過ぎの時
第1チャクラ無気力、不安、落ち着かない無鉄砲、他人をいじめる
第2チャクラ決断できない、行動できない神経質、依存、情緒不安
第3チャクラ自信がない、卑屈になる自信過剰、孤立、自己中心的
第4チャクラ孤独感、思いやりがない自己犠牲、執着心が強い
第5チャクラ言いたいことや本音が言えない人の話を聞かない、威圧的な言葉
第6チャクラ情報に振り回される考えすぎる、頑固
第7チャクラ物質主義、ヒーリングを信じない感覚が過敏、精神性への偏り
チャクラはバランスをとることが大切です

チャクラのバランスをとる方法として、
ヨガやアーユルベーダなどがありますが、
ヒーリングもエネルギー(氣)の流れを
良くしていきますので、チャクラのバランスを
整えることができます。